わきがとは

夏場など、汗をかいて身体の匂いが気になる季節になると、耳にする機会が増えてくるのが「わきが」という言葉です。
わきがという言葉はよく耳にするものの、具体的にどのような症状なのか、どのような匂いがするのかということを詳しく知らないという方もいるのではないでしょうか。

まず、わきがというのは「臭汗症」という正式名称があります。
わきの下から、周囲の人が気が付くほど強い匂いを放つ症状のことを、主にわきがと呼んでいます。
わきの匂いの原因となっているのは、わきの下のアポクリン汗腺が活発に働くことであり、それによって強い匂いを放つのです。

ただし、汗を長時間放置しておくことで雑菌が繁殖してしまい、それによって匂いを放つこともあります。
それはわきがとは異なるので、匂いが気になるからといって、わきがであるとは限りません。
わきがの匂いの特徴としては、「ツンとした刺激臭」であるということです。
色々な物の例えがありますが、よく言われているのは「玉ねぎのツンとした匂い」や「鉛筆の芯のような匂い」とされています。
汗が原因の匂いは「ムワッ」とした匂いであり、わきがが原因の匂いは「ツン」とした匂いであると覚えておくといいかもしれませんね。

そんなわきがですが、色々な方法で症状を緩和したり治療したりすることができます。
では、どのようにしたらいいのか、その方法を詳しくご紹介していきます。
匂いの不安を、少しでも解決するための参考にしてみてください。



◎PICKUP-SITE
大阪心斎橋の美容皮膚科ではマイクロ波でアポクリン汗腺を破壊するミラドライを受けられます … 大阪心斎橋 ミラドライ